バランスを整える

  • author: kattin
  • 2020.03.30 Monday

JUGEMテーマ:健康

こんにちは北御門です。

 

未だに蔓延しているコロナウイルス・・・

ココ福岡も週末、急遽外出の自粛が出たそうで

TV観てなかったワタシは今朝になって

初めて知りました・・・

志村けんさんの死亡も驚かれました・・・

これからどうなっていくのかがホント不気味ですね〜。

 

コロナウイルスは専門家にお任せして

整体師としてのこの時季にかかりやすい

メンタル(精神)について書かせていただきます。

 

メンタルを支えるのは自律神経といって

「交感神経」「副交感神経」の2つから成り立っています。

 

この2つの神経は、体の広範囲に働きかけて、

状況に応じてどちらかが優位に働いて、

身体の働きをコントロールして体調を維持しています。

交感神経は、仕事をしている時、緊張している時、走っている時などに

活発になります。
副交感神経は活動を終えて家に帰り、ホッと安心した時や、緊張が解けた時

などに活発に動き始めます。
 

 



この自律神経は、私たちの意思に関係なく動いていて、

人間がストレスを多く感じることで、その機能が崩れて

体調不良を引き起こすことがあります。

解消されない状態が続くと、交感神経が優位な状態が続き、

副交感神経の働きが抑えられるので、さまざまな不調が

出てくるんです。

腰痛や肩こり、消化不良や便秘、下痢などの不調や、

イライラがおさまらない、やる気が起こらないといった

精神的な症状が出ることもあるんですね・・・。

このような症状は、悪化すれば、不眠やうつなどを引き起こし、

自律神経失調症になって日常生活に大きな影響を及ぼしてしまうので、

深刻な事態になる前に、予防に努めてください。

 

予防法は、交感神経と副交感神経のバランスが崩れることが原因なので、
ストレスに上手く対処していくことです。

ストレス対策の第一歩は、早寝早起き、朝食を必ず食べるなど、生活リズムを

整えてください。

お仕事や生活のなかで、忙しい毎日であっても起床や就寝時間を定め、

朝昼晩の三食をきちんととるなど、規則正しい生活を心がけてください。

そして「適度な運動」もできるだけ習慣化するようにしてください。

うまく時間がとれない時は、オフィスではエレベーターを使わずに階段で移動する、

一駅手前で降りて歩くなどでも良いですよ。

体を動かす以外にも、音楽やアロマを楽しむことでもリラクゼーションが得られて、

副交感神経を優位にすることができます。

生活リズムを崩さず、自分に合ったリラクゼーション法を取り入れて、

自律神経を乱さない様にやってみてください・・・。

 

 

追伸:当院でも筋肉を和らげる施術をやっておりますので、メンタルに

疲れてる方にも効果はありますよ〜。

 

 

 


整体院のホームページはこちらです。

休日プライベートのブログはこちらです。

スポンサーサイト

  • author: スポンサードリンク
  • 2020.08.05 Wednesday

この記事に対するコメント

コメントする