熱中症

  • author: kattin
  • 2020.07.14 Tuesday

 

JUGEMテーマ:健康

こんにちは北御門です。

 

ここ何日かすごい豪雨で、当院は大丈夫でしたが

被害に遭われた皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

 

来週になれば“梅雨明け”すると言われてますが

そうなると、怖いのは「熱射病」

 

熱射病になるは炎天下の野外だけと思っている方も

多いみたいですが、運ばれる人の半数近くは屋内

らしいです・・・。

・・・ということで今回は室内の熱中症について

書きます。

 

◎室内でも熱気や湿気がこもりやすいところは要注意

家の中のお風呂場、洗面所は洗濯機や乾燥機の熱がこもりやすくて

湿気もあります。このような場所で長時間過ごすときは

注意してください。特に、家の二階とか(最上階)は昼間に上がった

気温や湿度により、すごく熱がこもってるんです。

最上階に寝室がある場合は、窓を開けるや、冷房をつけるなど

して環境を整えるようにしてください。

 

◎入浴後の脱水に注意

入浴は41℃の風呂に15分入浴後30分安静した時に

約800mlの水分が失われてしまうそうです。
それで、脱水により熱中症を引き起こす危険性があるので、

入浴前後の水分補給も重要です。

 

◎気付かないうちに脱水していることも

人間は発汗以外にも皮膚及び呼気から水分を失っています。

これは意識しなくても起こることなので、汗をかいていなくても

水分補給は必要となんですね〜。

 

 

 

◎室内でもこまめな水分補給が必要

室内だとのどの渇きを感じにくくなったりすることも

あって、喉が渇いたと感じなくても、こまめな

水分補給を心がけて下さい。とく高齢の方は

トイレの回数を気にして、水分補給を控えてしまう

こともあるので、積極的な対応が必要です。

 

◎睡眠不足や寝汗も影響する

寝ている間にも汗をかいてて、一晩でコップ一杯分もの

水分が身体から失われてまして、暑さのため眠れないと

体力が奪われてしまい、睡眠不足自体も熱中症の原因に

なりますので、ご注意を・・・

 

◎お茶やビールでは水分補給にはなりません

お茶やアルコールには利尿作用があり、身体の中の

水分を外に出してしまうため、水分の補給にはなりません。

また、汗には塩分(ナトリウム)などの電解質(イオン)

が多く含まれているため、水だけ補給しても熱中症の予防には

ならないんです。0.1%〜0.2%の食塩水やイオン飲料、

経口補水液などがおすすめです。

 

今年の夏も猛暑と言われてますので、熱射病+コロナウイルス

に気を付けて乗り切りましょう!!

 


整体院のホームページはこちらです。


休日プライベートのブログはこちらです。

 

スポンサーサイト

  • author: スポンサードリンク
  • 2020.10.16 Friday

この記事に対するコメント

コメントする