夏場の水分補給

  • author: kattin
  • 2020.08.05 Wednesday

JUGEMテーマ:健康

こんにちは北御門です。

 

コロナウイルス2波と梅雨があけての

すんごい猛暑!

 

暑さが続くと、ビールなどの冷たい飲み物が美味しい

ですよね〜〜。冷たい飲み物は、飲んでいるときは

美味しいのですが、体を冷やしたり夏バテの原因に

なってしまうんです・・・。

・・・ってことで今回は、「夏場の水分補給」の色々な

飲料のメリット・デメリットを書きたいと思います。

 

◎スポーツ飲料(スポーツドリンク)

スポーツ飲料のメリットは、すばやく吸収され、体の水分を

補ってくれて、汗で失われたミネラルも補って、糖分で

素早くエネルギーになり、持久力アップや疲労回復の効果が

期待できます。

ただ、デメリットは、塩分と糖分の摂りすぎです。

「ハードな運動」や「大量の汗」、さらに「激しい下痢」の

場合は、スポーツ飲料は役に立ちます。

 

◎麦茶

麦茶は、カロリーがほとんどなくカフェインも入っていないので、

誰にとっても飲みやすい飲料です。

飲みやすいだけではなくて、麦茶の香ばしい香りの成分には

血流を良くする効果があるので、クーラー冷え対策としても

使えそうです。

このほかにも、紫外線から体を守る成分が含まれていたり、

夏バテで荒れやすい胃を保護してくれる効果もあるらしいです。

 

 

 

◎野菜ジュースやトマトジュース

野菜ジュースといえば「健康になれそうな飲料」の代表になってますね〜。

植物の色素は、紫外線から体を守ってくれる効果があって、

生の野菜と違い、野菜ジュースは製造過程で加熱・ろ過されるので、

製品によって、添加して元の野菜と同等の量にしているものや、

あえて添加してないものがあるそうです。添加されていなくても、

水分の吸収は水よりは早いです。

ただ、甘く美味しいモノは糖が含まれていますので、スポーツ飲料と同様、

頻繁に飲むなら、甘さ控えめのものにしてください。

 

◎緑茶

緑茶は、水分補給という目的ではスポーツ飲料や水に劣ってしまします。

それは、緑茶は利尿作用ももっているので、ほかの飲料より尿として

失われやすくなるんです。

大量の汗をかいて体が水分不足の時には、あまり向いてはいません。

ただし、抗酸化力は高いので、紫外線対策としては

効果を発揮してくれそうです。

 

◎甘酒

甘酒は冬の飲み物だと思っている人も多いと思いますが、

実は江戸時代には冷やし甘酒が「夏バテ対策飲料」として

親しまれていたそうです!

甘酒は、胃腸に消化の負担をかけることなく、疲労回復にも役立つ

成分も摂ることができて、夏バテ予防や、夏バテしてしまったときにも

おすすめの飲み物らしいのです。

 

 

 

・・・・とこうやって見てみると、結構種類がありますね〜

その時々の用途に合わせて飲んで、夏バテにならないよう

お気を付けください!!

 

 

 

 

 


整体院のホームページはこちらです。


休日プライベートのブログはこちらです。

スポンサーサイト

  • author: スポンサードリンク
  • 2020.08.25 Tuesday

この記事に対するコメント

コメントする